CRF250Rのフロントフォーク修理

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
分解洗浄点検
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
SKFフォークシール

いつもご愛読ありがとうございます。今日より営業再開でございます!

本日はホンダ CRF250Rのフロントフォークの修理(オーバーホール)の模様です。片側のフォークからオイルが漏れだしています。

オイル漏れの修理ではありますがオーバーホールと同じ内容になります。今回はオーナー様のご希望でSKF製のフォークシールキットを組込みました。私も愛用していますが、色々と斬新な試みのシールメーカーでお勧めです。特にリアショック用のシールヘッドはかなり良いですよ。シール性とフリクションロス低減をものの見事にクリアしています。私は自車のリアショックにSKF製ショックシールヘッドは外せません。

全ては少しでも路面追従性を向上させる為です。この路面追従がバイクをコントロールする上で非常に重要になってきます。モトクロスだろうが、エンデューロだろうが、トライアルだろうが、ロードスポーツだろうが、モタードだろうがジムカーナだろうが同じ事でごぜーやす♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォーク完成(≧▽≦)

と、話が逸れました(^^;

今回のフォークはカードリッジに故障や破損は無く滞りなく作業が進みました。インナーチューブも良好な状態でしたので研磨して組上げました(^^)v

「CRF250Rのフロントフォーク修理」への2件のフィードバック

  1. 無理なお願いを聞いていただきありがとうございました。
    レース前に走行確認できました。
    やはり初期のみならず動き出しが気に入らず、標準より3クリックだけソフトよりにしました。また、相談しに行きますので今後もよろしくお願いします。

    1. コメントありがとうございますm(__)m
      又いつでも相談しにいらして下さい。レースの方も楽しんできてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です