XR250 MD30 リアサスペンション

フロントサスペンションに続きまして、リアサスペンションをメンテナンスしました。ホイルのスポークも張り替えました。

リアショックもオーバーホールし、次いで(?)にキャブレターも分解洗浄。

リンクアームやスイングアームのピボットも分解洗浄して各部を完成させたら車体に組付けて完成させます。

WR250F リアショックの異常動作

オーナー様から、全然ダンパーが効いていない様で点検を依頼されました。動作を確認してみると明らかに変です(^^;

分解してみるとピストンを固定しているナットが緩んでいました。内部でピストンが暴れていた様で異常に摩耗してしまっていました(-_-;)

オイルは真っ黒です。

原因はネジ山の処理が悪かった様で、きちんと処理されていないネジ山に無理矢理ナットを取り付けた為、ナット側のネジ山が壊れていました。素人さんが作業されたようですね(^^;

きちんとネジ山を作り直し、消耗した部品を交換して完成させました!

YZF-R6 Ohlins TTX36 Shockのメンテナンス

TTX shockはシリンダーチューブが2重になっており『伸び』『縮み』の連続運動中でもオイルの流れを安定させる構造になっています。

その為、各調整用ノッチの効きが完全に分けられています。しかも分かり易くノッチ調整が効くので安定したセットアップが可能です。シリンダの構造が複雑な為、高価なのが珠に傷ですが中々面白いショックです。

オーナー様の御希望でスプリングのレート(強さ)も変更しました。

NSR250Rの純正リアショックをオーバーホール

NSR250です。今でも愛好家の多い人気の車両ですね~♪

製造から大分年月が経っております。ガスは完全に抜け切っている個体が多く、本来の性能が全く発揮できない状態で乗られているオーナー様が多いのではないでしょうか?

この時代の中間排気量車は今では考えられない程、高性能な純正パーツが奢られていたりしますので純正リアショックでもオーバーホールする事で素晴らしい性能を取り戻す事ができる優秀なバイクなんじゃないかと思います。

XR250 MD30のフロントサスペンション

フォークは高速走行にも耐えられるようオイルロック機能を強化しつつ良く動く様にチューニングしてあります。

ステムベアリングは打痕が付いていたので交換しました。

Fホイールはスポーク張替てベアリング類も新品に交換です。

着々と綺麗になっていってます!今度はリアサスペンションをメンテナンスです!

CB750 RC42 純正リアショックのオイル漏れ修理

オイル漏れを起こしてました。

ガス圧は低下しオイル劣化。ショックロッドを保持しているガイドは摩耗しています。

バンプラバーは漏れたオイルによって浸食されてしまっておりましたので交換です。

リアショックは1万キロも走るとかなりヘタっています。そのまま使い続けるとオイル漏れを起こします。

バイク サスペンション プロショップ