NSR250R 純正リアサスの修理

NSR250Rの純正ショックのオイル漏れ修理です。

ガス圧不足によりロッドの保持力低下。その為にガイドブッシュが異常摩耗していました。

ガイドブッシュが摩耗するとロッドの保持ができなくなりシール性が損なわれ易くなります。

今回はオーナー様の御希望でスプリングを差し替えてお渡しします。

KTM 125XC-W ローダウン

KTM 150XC-Wのサスペンションのメンテナンスと同時にローダウン加工を行います。

先ずはリアサスから。

リアショックとスイングアーム周りをメンテナンスしつつ、ショックは-50㎜のローダウンになる様に加工しました。

凹んだチャンバーも修正です。

次回はフロントサスペンションです!

YZ125Xのサスペンションオーバーホール

クロスカントリー用に特化したYZ125Xのサスペンションをオーバーホールします。先ずはリアショックから。

そしてフロントフォークです。インナーチューブは研磨します。小さな傷が付いてしまう物ですので研磨して組込みます。

フォークダンパーも綺麗にして内部を点検します。

そうこうして完成させます。

NSR250Rの純正リアショック オイル漏れ修理

NSR250Rのリアショックです。オイル漏れを起こしていました。

確認してみるとガス圧はほぼ0気圧で、内圧不足によってガイドブッシュ偏摩耗とブラッダ(ガス袋)は変形しておりました。

バンプラバーはオイルに浸り続けたせいでブヨブヨになっていました。

ガス注入口を設置して消耗したパーツを新品に交換して完成させました。

XR250R ME06の純正リアショック修理

XR250R(ME06)がリアショックオーバーホールの為、入庫しました。動かしてみると、ぼよよよーんとリアサスペンションが収まりません。

分解してみるとオイルは殆ど抜けて入っていない状態でした(;´∀`)

こうなるとシリンダー等もダメージを負っている場合が多々あり、完全なオーバーホールができなくなってしまっている場合も多々あります。シリンダーはこうなってしまいますと新品に交換する他ないのですが、ME06のショックシリンダーは既に生産を終えております。

今回シリンダーは何とかなりそうでしたが、ロッドはえぐれていたので再メッキが必要です。

ロッドが綺麗になり専門工場から戻ってきましたので組上げました。

車体に組付けて完成させます。

XJR1300リアショックのロッド再メッキ

左右共にロッドに錆が発生していました。片側はメッキが浮いてきてしまっています。

このままですとオイル漏れが再発しますので再生メッキが必要になります。

綺麗に再生されて戻ってきたロッドを組込み、消耗したパーツを新品に交換して組込みました。

これでまた快適に乗って頂けると思います。