Ducati ポールスマートをチューブレスにする(スポーク張替)

ドカティのポールスマートのホイール、スポークを張替えてついでに(?)チューブレス化します。先ずはホイルを分解!

実はスポークホイルの場合、分解手順がありまして無暗にスポークをブッタ切ったり、ニップルを一気に緩めたりは厳禁なんですね。

場合によってはリムが歪んでしまいますので手順が重要事項になりますです。はい。

チューブレスキットを組込む際に「リムの溶接痕等の凸凹をなるべく綺麗にしておきなさい」とマニュアルに記載があったので削りました。

こんな感じですが、削り過ぎると薄くなっちゃうので、削っては確認し削っては確認し・・・繰り変えします。

意外と重労働です(^^;

下処理を終えたらスポークを張替えて芯出しします。

ダイヤルゲージとにらめっこしながら根気よく・・・地味ですが芯が出て来ると気持ち良いんですよね~。

あんまり言うと変態扱いされちゃうので・・・まあ変態なんですが。

完成しました。スポークが綺麗になりました。

意外とチューブレスキットの方が張替芯出しよりも大変でした(^^;)

でもポールスマートはキャストよりスポークの方が似合うと個人的には思います。

CB1300SFの純正リアショックオーバーホール

CB1300SFのリアショックのオーバーホールに取り掛かりました。オーナー様の話によるとロッドに錆は無いとの事でしたがストローク奥側に錆が発生しておりました。

本来は再メッキが必要なのですが相談の上、なるべく影響せぬ様に研磨し純正よりも高さのあるバンプラバーを装着して対応する事になりました。

ガス抜け等のヘタリを生じてくるとショックが奥までストロークし易くなりオイル漏れを発生させるやもしれませんので保証対象外となってしまいます。

CB400SBスーパーボルドール ショーワ製ツインショック修理

SHOWA製のツインショックです。片側からはオイルが折れていました。

先ずは分解点検。

画像ですとわかり難いのですが、漏れていた側のショックはロッドガイドが偏摩耗してます。

変形して傷付いてしまっているブラッダも交換します。

ダンパーを左右共に完成させてリークテストを行い、問題なければスプリングをセットして完成です!

 

 

YAMAHA WR250Fのリアショック オーバーホール

09年モデルのWR250Fのリアショックをオーバーホールします。

新車で購入してから初のオーバーホールだそうで、10年近い時間が経っております。ポよんポよん状態でした(;´∀`)

走行距離は8000キロ程度でしたがガス圧は半分以下になってオイルは劣化していました。

車体に組込んで完成です。

謎の男に遭遇!?ラーメンマン!?

地元近辺にある永年謎だったラーメン屋に突撃してきました。

この男、20年前から気になっていましたが中々タイミングが合わずお店に入る事が出来ずにいたのです。

休みの日にたまたま通りがかった所、お店が開いていましたので行ってみました!

そして謎の男が差し出したラーメンはコレでした!

20年以上前から変わらぬラーメン!腐ってる!

丁重にお断りしました・・・。

すいません。

冗談です。ちゃんとしたラーメンです。

美味しくいただきましたm(__)m

ごちそうさまでした!

XJR1300純正リアショック(ヤマリンズ)修理

ようやく秋めいてきました。

今年の夏の猛暑はホントに死ぬかと思いましたが今日は涼しかったですね。

先日、ショックロッドの再メッキに出していたロッドが見事に再生されて戻ってきましたので組上げます!

エア抜きオイル充填の図でーす。

入庫した時、オイルがダダ洩れでしたので十二分にダンパーをリークテストしてからスプリングをセットして完成させます。

バイク サスペンション プロショップ