GASGAS ザックス製トライアルバイクのリアショック

2000年頃のGASGAS TXT250に装着されているザックスのリアショックをオーバーホールします。ボトムアウトバンパーは砕け散りオイルは真っ黒に劣化しておりました。

年代によって使われているシール類が違ったり一部加工が必要だったりと・・・意外とやっかいなんです(^^;

今回、シールヘッドを製作しました。

20年程前のタイプのシール類が入手できないのもあるのですが、スタンダードのシールヘッドはガイドブッシュが入るスペースが無かったりと、「使い捨て系のショック」な部分がチラホラ見受けられましたし、今後の事を考えると国産のシールが使えて、きちんとガイドブッシュが入る様に設計し直して作りました。

スタンダードのシールヘッドを眺めてて何か良い方法ないかなア~と考えていたのですが・・・ええーい!面倒だ!作っちまえ!ってのが本音だったりします エヘ!(*´з`)

そしてオーナー様の御希望でSTDよりも若干反応を良くしてほしいとの事でしたのでリバルビングも行いました。

完成です!

 

バンディット250のフロントフォーク修理

後期型のバンディット250のフロントフォークをオーバーホールしました。オイル漏れを起こし、内部に水分が混入していました。

内部を徹底的に洗浄します。

インナーチューブは錆が発生していましたが、幸いストローク部分には錆がありませんでしたので研磨にて対応しました。

 

R1-Zフロントフォークのチューニングとオーバーホール

先日、リアショックのロッドを再生メッキ&チタンコーティングに専門工場へ送り、戻ってくるまでに時間がありますがフォークの部品が揃いましたので着手しました。

左右共にオイル漏れを起こしていました。オイルを排出してみた所、腐る一歩手前の状態でした~(^-^;

今回、インナーチューブはオーナー様の御希望でコーティング済の社外品を用意しました。

それとPDバルブを組込みます。このパーツはダンピングロッド式フォーク(オリフィスだけで減衰力を発生させるタイプ)の不安定な減衰力をなるべく安定させる為のパーツです。

良い意味でかなり変化します。

難点なのは寸法別の汎用品ですので各部の加工やフィッティング用にパーツ製作の必要が出て来る事があります。

オリフィスの追加やバリ取り、そして今回もダンピングロッドにきちんと着座する様にシムカラーを製作しました。

スプリングカラーも適切なイニシャル量になる様に旋盤でカットしました。

バルブ自体も各部の寸法を確認してメーカーの指定するシムを開閉するタイミングを調整します。ハードスプリングを使用する場合は遅らせる方向に調整します。

完成です!ゴールドのインナーチューブがカッコいいです。

早くリアロッドの到着が待ち遠しいですね。

 

TZR250の純正リアショックをオーバーホール

TZR250のリアショックをオーバーホールしました。オイル漏れはしていないもののガス圧は低下しボトムアウトバンパーは砕けて無くなっていました。

YAMAHA純正リアショックは分解組立が特殊で、完璧なオーバーホールを行う為には一部加工や組換えが必要です。パーツ供給も心許無いので代替品を用いらねばならない事もしばしば。

その為、どうしても他のサスペンションメーカー製のオーバーホールより高額になってしまいます(^^;

何故か他のメーカーと比べて、エア抜きもし難かったりと最後の最後まで気が抜けません。

リークテストを行いスプリングをセットして完成させます。

今回、ロッドに錆が発生しておりましたがボトムアウトバンパーを装着すると隠れる部分でしたのでオーナー様と相談の上、再メッキ無しで完成させました。

CB400SBの純正リアサスのオーバーホール

CB400SB(スーパーボルドール)のリアショックをオーバーホールします。片側のショックはオイルがダダ洩れ状態です。

左右共にガス圧低下を確認しました。

オイル劣化やガス圧低下は左右共同じに進行しますので、左右のバランスを考えますと2本一緒にメンテナンスした方が良いです。

今回はガス圧低下によるブラッダ(ガス袋)の変形傷の為交換し、オイルシール/ダストシール交換を行いました。

リークテスト後に梱包してオーナー様の元へ送り返します。

XR250R(MD30)の純正リアショックのオイル漏れ修理

スーパーXRの純正ショックを修理します。オイル漏れが激しく、ボトムアウトバンパー(バンプラバー)は砕けております。

かなり漏れています。この状態で使用し続けてしまいますとシリンダー内壁にダメージを与えてしまい完全なオーバーホールを実施する事が不可能になってしまいます。

何事もないと良いのですが…。

分解してみると排出したオイルは数㏄程度でしたが意外と汚れていないオイルでした。

シリンダー内壁にも段付き偏摩耗も無く再使用可能そうで一安心しました(^_^;)

ただ、ロッドには小さな点錆が無数に発生していました。

オイル漏れを起こしている上にボトムアウトバンパーが、あのような状態ですと、きちんとクリーニングしないと中々わかり難いんですが…。小さな錆ですので研磨すればある程度はもちますが永い目で見ると再メッキが必要です。

オーナー様と相談の上、決定します。

ブラッダ(ガス袋)は、オリフィスの形に変形しております。これはオイルが漏れてしまった為に、密閉されているショック内部は負圧(引っ張られる力)が発生した為に起きます。

高圧ガスが封入される部分ですので、目に見えない様な小さな傷が致命的な事になりますので交換が必要になります。

洗浄したパーツを一つずつ磨いて点検しながら組み立てていきます。

エア抜きオイル充填を行い、リークテストをして完成です(^^)/

梱包してオーナー様の元へ送り返します。

 

 

 

 

ヤマハ純正オーリンズ オーバーホールと修理

XJR1300に純正装着されているOHLINSのリアショックをオーバーホールします。コンプレッションバルブが壊れてオイル漏れの状態でしたのでバルブ部も修理します。ノッチを緩める方向に回していくと、どこまでも回って終いには外れてしまいます。

あれれ???

ストッパになる筈の部品がなくなっていました(^^;

カチカチする為のボールも入っていませんでしたので適当な大きさの玉を入れて対応しました。

スクーターのレースで使用しているとの事でリバルビングも施工しました。スプリングの跳ね返りを抑え込めるような仕様にして欲しいとのご希望でしたのでシムを大幅に追加&入れ替えました。

専用のポンプでエア抜きとオイル充填を行います。

リークテストを行い、無事にコンプレッションノッチも直り完成です\(^o^)/

 

 

RTL250F RTL260Fの軽量化

RTLやCOTAの前後のアクスルシャフトを中空化して強度を確保しつつ軽量化をしてみました。

削ってみた感じですが70系のアルミかな?フロントは7㎜程度、リアは6㎜程度で中空にしてみました。

外径もF0.8/R0.7㎜程度削りました。ほんの数グラムの軽量化ですがバネ下重量は思った以上に効きますし、サスペンションのパフォーマンスも上がります。

体感できなくともイザという時には効果が出る部分です。他にも軽量化できそうな部分ないかな~。

もうじき、カシマコートに出したショックボディとフォークアウターも仕上がってくる筈ですので少しづつ手を加えていこうと思います。

ゼファー400χの純正リアサスのオーバーホール

ゼファー400カイのリアショックをオーバーホールします。ボトムアウトバンパー(バンプラバー)が砕けてしまっております。ショックスプリングを外してショックロッドを縮めてみると…引っ込んだまま戻ってきません。

完全にガスが抜け切っている状況ですね(^^;

加圧されていない状態に陥りますと、内部のオイルはキャビテーション(泡立ち)を起こしダンピングの効かない状態に陥ります。そうなると、スプリングの振動を抑えられなくなり乗り心地は勿論、路面追従性が損なわれます。

更に症状が進行するとオイル漏れを発生させます。

内部を分解洗浄して各部を点検交換しながら組立てます。ショックロッドは細かい傷消しの為に研磨します。

専用の装置で、内部を真空状態にしてからオイルを充填してエア抜きを徹底的に行い、ダンパーを完成させます。

リークテストを行って問題無ければスプリングをセットして車体に組込みます。

古いWPフロントフォークのオーバーホール

古いWPサスペンションのオーバーホールを承りました。20年以上前の物です。1995年前後まで使われていたと記憶してます。

分解組立の方法もちょっと変わっていて画像を撮る余裕がなかったです(^^;

ですが、排出したオイルは完全に腐って異臭を放ちヤバかったです!このオイルは20年物!?( ゚Д゚)

ウィスキーの20年物でしたら大好物なのですが…これはチョット飲めません!

WP4054と言うタイプのフォークでMX用等の派生タイプも存在します。現在では使われていない規格のフォークですので、もう部品出ないかも…???

今回はオーナー様が以前購入したパーツを保管しておりましたので大丈夫でした。