CRF150Rリアサスペンションのメンテナンス

HONDAのCRF150Rのリアサスペンションをメンテナンスしました。先ずはリアショックユニットからオーバーホールしました。

しばらくメンテナンスしていなかったとの事で、リンクアームの一部分は錆びて使い物にならなくなっておりましたのでベアリングとカラーを交換しました。

ダストシールもひび割れと硬化が見られましたので全て交換してグリスアップして車体へ組込みました。

リンクアームやスイングアームが正常に動かないとリアショックの性能を発揮できなくなってしまいますので定期的なメンテナンスが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です