「サスペンション」カテゴリーアーカイブ

2017年モデルのEXC

待ちに待った2017年モデルのEXCがようやく入荷してまいりました!えらく待たされましたね~。色々と大人の事情があったようですがデリバリーをお待ちしていた皆様の手元にも届いている事でしょう(玄人好みのマニアックな排気量のモデルはまだみたいですが)。

とりあえずは各部の点検を兼ねてグリスアップしていきます。新車ですがメーカーから届いた状態は実は完璧ではありません。誤解があるといけませんので断っておきますが、既存製品としてのクオリティはクリアしてますし、きちんと組上げられておりますよ。

ただ、計上の性能を最大限に引き出すにはそのままでは駄目って事です。そしてどんなマシンも自分の体格に合わせてセッティングは必要不可欠なものです。簡単な部分で言えばレバー類の角度や位置調整。ハンドルの広さ高さ…。吊るしのままでは個々のライダーにとってベストではない製品なのです。

その製品の素の性能が良ければいくらでもチューニング(調律)が効きます。例えば木製の楽器ですが、粗悪な樹で作られていたら精度の良い加工がされていても?歪んでいくものです。

あー、楽器の例えが出てきちゃったよ。もう訳が分からなくなってしまうので止めますね。

兎に角、ライダーに合わせた基本的なレバーやシフト類のセットアップ、体重に合わせたスプリングレートの選定を行いテスト走行して、最新のEXCの傾向を感じてみたいと思います。

ついでと言っては何ですが、16モデルの350SX-Fをフロンティアさんのご厚意でお借りしました。WPのエアフォークを搭載しているモデルで色々と勉強させていただきたいと思ってお借りしました。

こっちも色々と弄っていきたいと考えております\(^o^)/

ジェベル250XCのリアショックメンテ

img_3905 img_3906

スズキのジェベル250XCのショックをメンテナンスしました。年式の割に良い状態でした。ボトムアウトバンパーが砕け散って無くなっている車両をよく見かけますが、まだ形を留めています。

分解洗浄し、ロッドは綺麗に研磨してシール類やピストンバンド、ブッシュ等の消耗部品を交換して組上げていきます。シリンダーも良好な状態でした。

img_3907 img_3908

このタイプのショックにはガスの注入口がありませんので新たに取付けます。

オイル充填&エア抜きを確実に行い完成させていきます。

ZX12Rのフロントフォークとリアショック

img_3899 img_3903

カワサキ ZX12Rのフロントフォークとリアショックをメンテナンスしました。フォークもリアショックもKYB製なんですが、分解組立がちょっと特殊です。

と言ってもやる事はいつもと同じで、フォークは一番汚れるカードリッジ内部を分解洗浄。ショックも同じく・・・です。

img_3900 img_3904

んで、フォークもショックもオイル充填&エア抜き工程は性能の良し悪しに直結するんで確実な方法で行います。

ロードバイクのフロントフォークはかなりの肉体労働です。特にZX12Rのフォークは特殊なスプリングコンプレッサーを使わないと分解できないと思います。

アラレちゃんなら余裕だろうな~。んちゃっ!

ショックロッドの再メッキ(再生)

img_1281

ショックロッドが錆びてしまった場合、動作不良やオイル漏れの原因になってしまいます。そこで再メッキをかける必要があるのですが、錆が酷く母材のエグレ具合によっては何層かに分けてメッキをかける場合があります。

画像はXLR250バハのショックロッドですがこの程度までであればギリギリ1層で済みます(これ以上酷い場合はご注意ください)。

広範囲にわたってメッキが剥がれ錆が出ている場合は注意が必要です。その場合は母材がエグレている事が多く何層かに分けてメッキする必要が出てくる事が多いです。

そう言った状態ですとロッド再生費用がかさむ事があります。

SHOCKロッド再生費用・・・1本10,000円(税抜き)~

CRF150RⅡのフロントフォーク修理

img_3884

CRF150Rのフォークを修理しました。オイル漏れを起こしていました。

インナチューブには傷が付きものですので必ず研磨してからくみあげます。又、減衰圧を制御しているシムの積層にはスラッジ等のカスが溜まりやすいので特に念入りに洗浄します。

img_3885

フォーク、ショックそれぞれ完成させてお客様に納品します。

WR250Rの走破性を上げる作戦!(リアサスペンション編)

img_3872

前回からの続きです。リアサスのメンテとモディファイを行います。先ずは分解して洗浄しつつ点検していきます。

img_3875

アウトな部位を発見しましたので部品を手配して作業を進めていきます。

img_3878

とりあえず再使用可能な部分は完成させておきました。

初期型のWR250Rですので10年程度の年月が経過しております。それにしてはまずまずな状態です。

img_3873 img_3876

そして要のリアショックですね。WR250Rのリアですが、スポーツ走行するには強すぎるスプリングとダンパーボリューム不足&車体の重さが相まって、ポヨンポヨンな動きをします(;´∀`)

車重が嵩張っているのでリアサスが入り過ぎる、その上スプリングが強すぎてダンパーボリュームが足りないので、リアサスが思いっきり戻ってくる。いくらライダーが頑張ってもこの動きは変わらないし、ノッチを閉め込んでダンパーボリュームだけを強めると、フロントが更に頼りなくなってしまうんです。

img_3877

ショックスプリングもフォークと同じくTGR製のスプリングを装着します。スプリング交換だけでも効果はあるのですが、やはりノーマルのバルビングは…(^^;

なのでリバルブした方が良いです。絶対的にダンパーボリューム不足なんですよね。このマシン。

そうこうしている間にリンク周りの部品も揃い、車体に組込んで完成させました\(^o^)/

WR250Rの走破性を上げる作戦!(フロント編)

img_3864

WR250Rはノーマルのままですと、ダートでの走破性がイマイチなのでモディファイしてオフロードでの走破性&快適性を向上させます。

ついでに(?)ステアリングまわりもメンテナンスするのでステムも取外します。

img_3867 img_3868

WR250Rのフロントですが、オフロード走行すると初期は堅いのに奥で全然踏ん張らないと言うのをよく聞きます。リアは何だかポインポイン跳ねて落ち着かないし、トホホな足回りです(^^;

img_3869

先ず、スプリングの設定がスポーツ向きではない事と、電子制御のセンサー類や触媒などで車重が嵩んでしまっている事が大きな原因になっています。

軽量化は必須項目ですし、加えて前後サスペンションのスプリングレートの最適化とリバルブによるダンパーボリュームの見直しでかなり改善されます。今回TGR製のスプリングをフロントリア共に使いました。

img_3866

ステムの方は良好でしたので洗浄して注油して組込みます。

 

ジェベル250XCのリアショック修理

img_3860 img_3861

ボトムアウトバンパーが砕け、オイル滲みを起こしているジェベル250XCのリアショックをオーバーホールしました。

走行距離は5000キロ程度で少ないのですが、やはり生産されてから年月が経っておりますのでゴム部品は劣化してしまうので仕方がないかなーと。

img_3862 img_3863

このタイプのリアショックは窒素ガスの注入口がないので新たに取付けました。

例えばオイル漏れやガス抜けを起こしている所謂「抜けたダンパー」は、路面追従性能が低下するだけでなく、長距離ツーリング時のお尻の痛みや腰にくる負担…乗り心地が最悪になってしまうのでお困りの方はご相談くださいm(__)m