「サスペンション」カテゴリーアーカイブ

フサベルTE250のリアショック

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
WP PDS Shock
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
組立中

前回の続きです。フサベルのTE250のリアショックです。リンクレスのWP製PDSショックですね。この辺もKTMのEXCと共通です。スプリングの色が違う位でしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
エア抜き中
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
完成確認中

通常のオーバーホールですのでいつもと同じ内容になるんですが、PDSは必ずピストンバンドを交換する必要があると思います。この辺はオーリンズも同じなんですが1シーズンも使うと結構ダメになっている事が多いですね。フリクションの少ない物なのですが、耐久性は無さそうです(^^;

最近のWPのシール類はショーワやKYBに近い構造の物が採用されていて、耐久性が向上したな~と思います。ですが、必ずピストンバンドは交換する部分ですね。交換するとしっとりとしたダンピングが元に戻るのでやはり駄目になり易いんだと思います。ハイ。

 

フサベルTE250のフロントフォーク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
各部を点検
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
WP消耗パーツ

皆様こんばんわm(__)m今回はフサベルのTE250のフォークをオーバーホールします。先日のYZ250Fはショックスプリングを手配し、ジッと待つ事にしました(^^;「仕方がないよね。男の子なんだから…」「おばさん!これは戦士の銃じゃないか!?」

とゆー事で話を戻します。

フサベルブランドが無くなって、現在は新ハスクバーナと統合されましたが、実はKTMのEXCシリーズの上級機種としてラインナップされていたブランドなのですね。ですから、当時のエンデューロマシンにもクローズドカードリッジ式のフォークが奢られていたり、サブフレームが樹脂だったり、よりレース志向のEXCだったんですね~(; ・`д・´)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォークダンパーのエア抜き
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォークダンパーとフォークアウター

WP FactoryがこのタイプのフォークをEDで現在も採用しているフォークですから完成度の高いフォークなんじゃないかなーと個人的には思っています。

市販車に装着されてくるWPクローズドフォークはベースバルブ径が一貫して同じままですが、モディファイすればコーンバルブに匹敵する性能になるんじゃないかと考えてます。

因みにWPのクローズドフォークはブラッダ式ですので、フォークダンパーのエア抜きは、リアショックと同じ様に専用のバキュームポンプを使います(^^)v

 

 

 

 

DR-Z400SMのフロントフォーク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
廃油
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
分解洗浄

スズキのDR-Z400SMのフロントフォークをオーバーホールしました。国産の公道用マシンで唯一クローズドフォークが採用されているマシンであります。私の記憶が確かならば…(*´з`)

難しい事は置いときますが(笑)、このフロントフォークはですね~とっても高性能で贅沢なフォークなのですよ。モトクロッサーではスタンダードなんですが、WR250Rですらオープンカードリッジ式なんですよ~。ホントやるね、スズキ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シールガード
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
完成!

シールのリップ部にゴミや異物が入らない様に細心の注意をはらって組みつけます。クローズドカードリッジは油量でエアボリュー管理しないといけません。5~10㏄程度の狂いでフィーリングが変わってしまうんです。

 

 

YZ250Fリアショックの罠!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

んちゃ!ペンギン村のサスペンションショップ、ジョニーズファクトリーですm(__)m

今回はのり巻博士が我流でチューニングしたYZ250Fのサスペンションをフロント共に正しくチューニングし直します(≧▽≦)

フロントはショート加工されてたので、リアショックもかなあ~と思っていたら・・・あれれんれ~あーれあれ?あ~られっちゃん♪アラレちゃん自体天才的な発明だと思うのですが海苔巻き博士は何故あんなにダメダメなんでしょうかね?

話を元に戻しましょうね。このリアショック、バルビングも変更なしの寸法もノーマルのまんまです。おおぅ!楽勝じゃない?このままフロントとのバランスはOKじゃなーい?と思ったんですよ、この時までは。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

消耗パーツを一通り交換して組上げて…うむ、順調順調!楽勝だぜ!おらおら、ヒャッハー!と調子に乗っていると、世紀末救世主伝説「ケンシロウ」が俺様の前に立ちはだかったのでアリんス( ;∀;)

フォークスプリングと全然バランスの合わない、ショックスプリングが装着されていると言う罠にかかってしまいました(T_T)

「お前はもう死んでいる!」

「死にたくねー。死にたくねーよぉ・・・死に・・・たわ!!!」

続け・・・

 

我流チューンの罠!?YZ250Fフロントフォーク編

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
遊んでいるベースバルブ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
組み直します

毎度ありがとうございます。ジョニーズファクトリーでございます。今回は色々と難有りのYZ250Fを正しくチューニングし直します。先ずはフロントフォークから。

現オーナーさんのお話しを伺った所、とにかく乗り難く何とかして!って事だったんですが、詳しく聞いてみると…なんだか前のオーナーが出鱈目なチューニングをしているご様子(^^;

1枚目の画像ですが、イタズラにベースバルブのシムを抜いてあり、バルブが遊んでいる状態でした。コレだとダンパーが効かない状態です。この部分のシムを抜いただけでは「良く動く」様には決してなりません~(*´Д`)

YZ250Fの標準データがJohnny`s Factoryにはありますので、標準データを元に、現オーナー様に合うように、初期動作を向上させつつストローク中間から踏ん張る様なバルビングに直しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
伸び側バルブの不具合
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
間違い探し

うーん・・・分解しながら不可思議な点が多々見受けられ、我流でショート化したみたいなんですが、カラーの寸法が出鱈目だったりスプリングをカットしてしまっていたり。あちゃー、このフォーク大丈夫かな?と…(^^;

何故かリバウンド側のシムが変形して、こちらも減衰圧不良を起こしてました(多分、寸法の合わないパーツが使われていたからだと思います)。

2枚目の画像ですが、間違えた寸法のパーツの帳尻を合わせる為に変なパーツが入っています。どれだか分かります???

そう言った間違った寸法のパーツは取り除いて正しく組み直していきまーす。

全バラしてみて、この程度の不具合なら十分直せる範囲でしたので胸を撫でおろしました(^^;場合によっては高額なアッセンブリ交換になってしまうのでございます。

スプリングカットはレートが狂ってしまいますので、正確なチューニングができなくなってしまいますし、寸法の合っていない部品を組込むのは他の部品を破損させる原因になってしまいます。

「こんなもんで大丈夫だろう精神」で組んだサスペンションが結果、乗り難いマシンになってしまう事は私個人としては、ちょっと見逃せないですねぇ。一先ずはフォークはグレードアップしつつ正常に動く様に組み直す事に成功!しかしながら、これだとリアショックが心配になってきたよー((+_+))

続く・・・

YZ250Fサスペンションのコーティング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コーティング前
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コーティング済

フロントフォークのアウターチューブとリアショックのボディへカシマコートを施し、オーバーホールを行います。

鋳物の肌は綺麗な発色はしないんですが効果は絶大です。触ってみるとツルツルすべすべです(≧▽≦)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
内壁

もちろん実際に擦れる部分の内壁が重要なんですが見た目もグレードアップ感があってカッコよくなりま~す。写真がうまく撮れませんでしたが内側はこんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
KYB Factory Parts
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
真空ポンプ

今回はオーナー様のご希望で、KYBのトリプルアジャスターへ交換しました。このパーツに交換しただけで性能がアップする訳ではないのですが、伸び側のダンパー調整が独立していますのでセッティングの幅が広がります。見た目もカッコよくなります(笑)!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カシマコートのオンパレード
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
完成!

コーティングされたパーツが並んでます。カッコいいと思ってしまうのは私だけでしょうか?萌えます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
外したパーツ群
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ファクトリー感満載!

完成してから暫く眺めていました(笑)。コーティングされたボディにトリプルアジャスターが映えています!!!

素敵(´▽`*)

CRF250Rのリアショック

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりのHONDAです。とゆーか最近YAMAHA人気なのか?KYBばかりやってるような気がするんですが…気のせいでしょうか???

YZ250FXから始まり、2STモデルのYZ250XとかYZ125Xとか、更にYZ450FXなんてのも控えているそうですが、2ストモデル存続させてただけに強いですね~ヤマハ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CRFは乗り易いのでクロカンとかエンデューロでもちょっと足回りをモディファイするだけで使えちゃうので専用モデルが要らないってのもわかりますが、ホンダの次世代2ストロークエンジンなんてのがあったら面白そーだと思うのは私だけでしょうか?しかも軽さを活かせるエンデューロマシンに搭載したりできたらいいなーなんて。

個人的にはKTMの新型150SX乗ってみたいんですが国内には正規で入ってこないらしいので残念です(T_T)

 

WR250Fのリアサスペンション

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAMAHA WR250Fのリアサスペンションを完全オーバーホールします。エンジンも分解しますのでおろします。

リンクアームとスイングアームのピボット部のベアリングやダストシールは全部交換しました。数カ所ですが、錆ついていたので全て新しくしました。マディ走行後は、意外と水や泥が浸入しちゃう部分ですし、走行時間で管理するのが吉です。

錆びてなくても、摩耗してガタが出る事もありますから。マメにメンテされて綺麗な状態を保っていても、走行時間がかさむとガタが出て思わぬトラブルを招く事もあるんで(^^;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

んで、リアショックです。かなりリアサスペンションの性能に影響を及ぼす部分です。いくらリンクアームやピボットがスムーズに動いても、ショックユニットの性能が低下していますと・・・ドッカーンと前転したり、スタックし易くなったりと。あっ!自分の250EXCもそろそろやらねば~!と気付いたんですが後回しです(T_T) 今年中にできればなぁ~。

 

YZ250F サスペンションコーティング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォーク分解
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォーク廃油オイル

毎度ご愛読ありがとうございます。後方排気のYZ250Fのフォークアウターとショックボディへカシマコート&オーバーホールのご依頼の模様です。

新車からワンシーズンご使用されたとの事ですが、排出したオイルはデロデロの状態(”^ω^)・・・。どうしてなんだろー。ウチの『りく号YZ250F』も半年・・・いや数回の使用でデロデロになってるだよなー。

特にダンパ外室のオイルは駄目になり易い・・・。ダンパー内部もそれなりに汚れてるんですがね。何度オイル交換しても劣化が早い気がしますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ショックオイル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ショックスプリングシート

リアショックのスプリングシートが変形してしまっていました。ショックボディには擦れた傷が無数に入っています。リク号も同じ症状があり他のYZでも起きていた事を確認してはいるのですが・・・。ショックスプリングとボディの間に異物が入り易い様です( ゚Д゚)

FXはフラップ(泥除けの事ですね)の面積が大きく取られている様で大丈夫らしいんです。でもFX用をそのまま使用する事はできないとオーナー様から貴重な情報を頂きましたm(__)m

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カシマへ発送するパーツ

ショックスプリングとショックボディに異物が挟まると、リアショックの動作不良が起きるのは想像し易いと思うのですが・・・改善した方が良い部分ですね(^^;

フォークアウターとショックボディのみにしてコーティング屋さんへ発送します。

 

 

 

WR250Fのフロントサスペンション

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォークにもボトムアウトバンパー

いつもご愛読ありがとうございます。10年前のWR250Fのフロントフォークです。分解してみると…フォーク内部のボトムバンパーが砕けてました(^^;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォーク展開

KYBのオープンカードリッジフォークの特徴的な部分ですね。フルボトム付近の制御の仕方がWPのPDSリアショック同様、オイルロックとボトムアウトバンパーで制御してるとゆー感じです。(あっ、省略されてるタイプもありますよ。)

なので構造を理解してないと…フォーク上部の組み立て方を間違えて組まれている物を多々見受けますね(^^;今回、フォークはこの部分以外は大丈夫でした。KYBは分解組立がやり易くて良いですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Fホイルベアリング

今回、ついでと言っては何ですがFホイルのベアリングがグズグズになっているのを発見しましたので打替えました。

ステアリング、フォークユニット、ホイルまわり・・・この部分全てをフロントサスペンションと呼びます。

どれか一つでも不具合を起こしていると正常に機能しなくなりますので各部点検は重要事項ですね~。