「メンテナンス」カテゴリーアーカイブ

CRF250Fのメンテナンス(エンジン編)

2006年式のCRF250Rの点検整備の模様です。足回りの方も承っていますが先ずはエンジンから。

年式から見て10年程度の年月が経っておりますし、使われ方も様々ですので、ある程度分解して見極める作業から開始です。オーナー様は簡単なメンテナンスは実施していたとの事ですがエンジンを開けて云々・・・的なメンテは全くしてないとの事。

10年前の4STモトクロッサーエンジンはまだまだ未完成でしたよね。他メーカーも含めてですがトラブルも多く見受けられましたし弱点と言うか駄目になり易い部分があったのは事実。

そうそう。あの頃を思い出して車種ごとの弱点を先ずは点検します。あー、これねー。って感じで(笑)。

2010年以前はCRF(ホンダ)全盛期でしたね。サンデーライダーは何故かCRF(ホンダ)を選択してる人が多かったよね~。あの頃はとにかく赤が多かった。

エンジンのある部分の弱点はあったものの他メーカーと比べて乗り易く激しく使わなければ耐久性にも何にも問題ないマシン。このCRFはそんな感じでした。

念の為と言うか、10年程度経過してますのでカウンターシャフトのシール部分やウォータポンプ周りはオーバーホールしました。ヘッドも大きな問題なくカムチェン交換とバルタイ調整でOKでした。

懐かしさと言えばいいのか?あの頃は~♪Σ(゚□゚;)ってな感じですかね。

最近、ヨーロッパの各先進国はレシプロエンジンの生産中止とエレクトリック化を声高らかに宣言しましたが、もう既にヨーロッパの嘘を鵜呑みにする程、僕たちは馬鹿じゃないんですよ。日本企業がその嘘や彼らの都合のいい言い分に振り回されるのはもう御免こうむりたい。

僕の友人がね、「不寛容社会」って言うのね。イ〇リスに住んでるんだけどね。話を聴いてるともう滅茶苦茶なんですわ、あの人達が作り上げた国。それに付き合わないといけないと思ってる日本のメーカーも目を覚ましてくれないかと。10年前のマシンをいじってみて感じた今日この頃です。

 

YZ250Fリアショックのオーバーホール

前回のオーバーホールから大よそ2年経過しましたので定期オーバーホールを行います。使い方にもよりますが、レース主体だったり、週一回乗る場合はワンシーズン(一年)でダンパーがヘタリ始めます。

ショック内のオイルは100㏄~200㏄程度しか入っていないのでオイル劣化は避けられないのですね。それとガス圧が低下する場合もあります。

ですので最低でも2シーズン以内に一回のペースでオーバーホールが必要になります。

フォーク編へ続く・・・。

WR250F フロントフォークのチューニング

リアショックからの続き、今回はフロントフォークに取り掛かります!

リアと同様に―30㎜のローダウンになる様にフォークカードリッジをショート加工して、その長さに合うスプリングを製作組込みを行いました。

リバルブも行いました。後方排気になる以前のWR250Fはハンドリングが重くサスペンションが動き過ぎる感があり軽快感に欠ける部分が珠に傷なので、その辺りを改善する方向へ前後共に改修しました。

フォークシールはオーナー様のご希望でSKF製の物を奢ります。

WR250FのサスペンションチューンUP!(リアショック)

後方排気モデルの前のアルミフレームWR250Fのサスペンションをメンテしつつチューニングします。

このモデル、概ね良く動いてくれるサスなのですが…ハンドリングが重々しく軽快感に欠けるのが珠に傷なんですね。アルミフレームのお蔭か車重が重いのも悪さをしてるんだと思いますが一番の原因は前後バランス。ですので前後バランスを改善する為にバルビング変更とライダーの体格を加味したスプリングレート変更は必須かと。

勿論、軽量化は必須項目になるでしょう。とにかく軽くできる所は軽くして下さい。要らない物は取っ払い、軽いパーツに交換できる部分は交換して1グラムでも軽くした方が吉です。

簡単なサスペンションのアップグレード方法はマシンを1グラムでも軽くする、これは非常に大切な事です。その上でチューンUPしたサスペンションのパフォーマンスが発揮されます。

今回、SKF製のシールヘッドを用いました。フリクションロスの低減と部品点数の省略ができます。同時にローダウン加工も行いました。

そしてフロントフォークへ続きます!

 

スノーモービルのショックアブソーバー

いつもご利用ありがとうございますm(__)m本日より通常営業です。

新潟の南魚沼市にあるRSS髙喜屋様からのご依頼です。いつもご利用ありがとうございますm(__)m

スノーモービルもKYB製だったりFOX SHOCK製だったりとバイクと同じ規格の物が使われております。

抑えるツボも同じなので各部を計測しながら分解点検して組上げていきます。エア抜きとガス充填を済ませたらリークテストを行い、お客様へ返送します。

OHLINS オーリンズのリアショック修理

オーリンズのリアショックからオイル漏れとの事でメンテナンスしました。

分解洗浄して点検しながら部品を展開していきます。

特に異常なくシール類の劣化と判断してシール類は全交換してピストンバンドやブッシュも新しく交換しました。

ガスを充填しリークテストを行い、完成させます。

YZ250F サスペンションメンテナンス(フロントフォーク編)

前回からの続きです。本日はフロントフォークです。が!右側のフォークダンパのフリーピストンが割れていました。たまに見かける症状ですね(;^_^A

こうなってしまうとダンパ内にエアが混入してしまい減衰圧不良に陥ります。幸い右側だけでしたが、フォークダンパーのロッドガイドブッシュやシールも破片にやられて駄目になっておりましたので交換修理しました。

各部のO-ring類も交換してフォークダンパーを完成させます。このフォークもリアショックと一緒で、初のフルオーバーホールの様でした。と言うのも、機能的に一番大切なダンパー部分は分解した形跡は無く、外側のフォークシールやダストシールの交換は行われていた形跡はあったのですが。

又、ミッドバルブのナットも緩んで、伸び側のダンパーは効いていなかった様子でしたので、それらも修正しました。そしてフォークスプリングもリアと同様にオーナー様の体格や使用目的に合わせて変更しました。

これでかなり乗り易く(コントロールし易く)なります。

CRF150Rのリアショック メンテとチューニング

CRF150Rのリアショックをオーバーホールし、モタード向けにプチチューンしました。本来ならストローク量の最適化やスプリングレートの変更等が必要なんですが、手軽で安価で済ませたいとの事でノーマルベースでリバルブのみでチューンするメニューのご依頼です。

本格的にはフロントも色々とやらないといけない事にもなります。

YZ250F サスペンションのメンテナンスとチューニング

YZ250Fのサスペンションをメンテナンスします。先ずはリアショックからです。

オーナー様から1G`(ザグ)が出ないとのご相談を受け、体重を伺った所、全然合っていないスプリングでしたので交換しました。元々装着してあったスプリングのイニシャル量はわずか3㎜でした。

この様な場合はスプリングの強さを変更する必要が出てきます。サスペンションチューニングの最初の一歩が「ライダーの体重体格に合ったスプリングレート」です。

フロントフォーク編へ続く。

Ohlins ツインショックのオーバーホール

オーリンズのツインショックをメンテナンスしました。W650やビックスクーターなんかに取り付けるタイプの物です。オーナー様はマジェスティに装着されているそうです。

画像を撮り忘れてしまったのですが、オイルは真っ黒に劣化しピストンバンドのコーティングはすっかり摩耗して無くなっていました。ガス圧は半分以下に低下しておりました。

各消耗パーツを交換して、ガス圧を充填し完成させます。