「メンテナンス」カテゴリーアーカイブ

WP 48AER FORK WP SHOCK

KTM 350SX-Fです。WP 48AER FORKですが、交換するパーツ点数が多いのが大変ですが、カードリッジ内部の細かいパーツをメーカーが供給してくれるのでより完全なメンテナンスが可能です。

日本のメーカーも見習ってほしい部分です。国産の場合、カードリッジ内部が壊れてしまうとアッセンブリ交換になるので高額な修理になる事があるんですね(^^;

 

XJR1300 純正Ohlins Shocks

バンプラバーが砕け始めてきたと言う事でオーバーホールのご依頼を受けました。

レースユースの場合は時間で管理が基本ですが、一般的にはバンプラバーの劣化がオーバーホール時期の目安になります。

オイル漏れのまましばらく使ってしまったり、オイル漏れし始めてからのオーバーホールの場合、致命的なダメージを負っている個体を多々見受けます。早め早めのメンテナンスが重要になります。