「修理」カテゴリーアーカイブ

TDR250 純正リアショックのオーバーホール

YAMAHA TDR250の純正リアショックをオーバーホールします。

分解点検してみた所・・・

ショックロッドに無数の錆が発生しておりましたのでオーナー様と相談の上、再生する事になりました。

YAMAHA純正ショックの場合、他のメーカーと造りが違いまして、再メッキの際は内部のニードルを取り出す為に旋盤などで一部切削する必要があります。

取り出した後は、ニードルを元の位置に戻す為にホルダーを製作しなければいけません。

GASGAS TXT125 リアショックをオーバーホール

ガスガスのTXT125のリアショックをオーバーホールしました。ザックス製のリアショックですが年式によって使われているシール類の規格が違います。

場合によってはパーツ入手が困難だったりします。

そういう場合はシールヘッドを一から作り直したり、加工したりする必要が出てきますのでザックスは費用が嵩みがちです(^^;

HONDA XR250(MD30)純正リアショックとフォークのオーバーホール

XR250(MD30)正立フォークモデルの前後サスペンションをオーバーホールしました。

ショックロッドは錆が発生していましたので再メッキしました。

今回はタイミングが良かった為、早くに仕上げてもらいました(^O^)/

リアショックはショート加工する為のパーツが入っておりましたのでオーナー様にご相談の上、取り除きました。

フォークの完成写真を撮り忘れてしまいましたが完成です。

CB400SF 限定特別車の純正リアショック

CB400SFですが、どこかのショップとホンダがコラボして販売した限定品のリアショックをオーバーホールします。。

片側のロッドに打痕がありました。このままですとオイル漏れの原因になってしまいます。

本来ならば再メッキが必要ですが、オーナー様と相談してバンプラバーの高さを変更して対応しました。

 

RTL250Fのリアショック修理

RTL250Fのリアショックをメンテナンスします。分解点検してみるとガスは殆ど抜けており、オイルは真っ黒に劣化してした。

ロッドを保持しているガイドブッシュはコーティングが剥げてしまっています。

ショックボディに何もコーティングされていないモデルのトライアル車でオフロード走行メインの場合は念に1回のメンテナンスが必須です。オイル劣化は思った以上に早く進行します。

NSR250R 純正リアサスの修理

NSR250Rの純正ショックのオイル漏れ修理です。

ガス圧不足によりロッドの保持力低下。その為にガイドブッシュが異常摩耗していました。

ガイドブッシュが摩耗するとロッドの保持ができなくなりシール性が損なわれ易くなります。

今回はオーナー様の御希望でスプリングを差し替えてお渡しします。