「修理」カテゴリーアーカイブ

XR250Rの純正リアショック再生

先日、再メッキに出したロッドが綺麗に再生されて戻ってきましたのでさっそくオーバーホール作業に取り掛かりました。

錆びていたロッドが綺麗になり、歪みなども修正されて帰ってきます。綺麗です。

ME06のショックはノンメンテのまま使い込まれている物が多く、中には致命的なダメージを抱えてしまっている場合も多く見受けられます。

そう言った場合、完全なオーバーホールが出来なくなってしまっている事もあるのですが、こちらの個体は大丈夫でした(^O^)/

シリンダーボディがアルミ無垢ですので内壁が凸凹になり修理不能の場合も多々見受けます。その場合はオイル漏れが直らない事も・・・(T_T)

エア抜きオイル充填を済ませて動作確認、リークテストをして完成させます。

ジェベル250XC-GPS リアショック オイル漏れ修理

GPS付きのジェベル250XCのリアショックです。オイル漏れを起こしていました。

ロッドも錆が発生して凸凹に(^^;)

当時のメーカー純正GPS付きジェベルです。昔のGPSなので数値を地図に照らし合わせながら位置を確認するやつです。

珍しいですよね。実は見た事無いんですが、どんなGPSだったんだろう???

このままですとオーバーホールしてもオイル漏れし易いのでロッドを再メッキに出します。

CB400SFのリアショック オイル漏れ修理

スーパーフォアのショックからオイル漏れとの事で車体をお預かりしました。

ディーラーの方では交換になるとの事で、何とかならないかと弊社へお問合せ頂きました。

新品ですと片側で6万円程の出費になるそうで左右共に交換すると大台に乗ってしまいますね(^^;

純正品は確かに高価なショックユニットですが性能もきちんとしております。

安価な社外品ショックを安易に交換するよりはオーバーホールを断然お勧めします。

CB1300SF 純正SHOWAリアショックのオイル漏れ修理

CB1300SFのリアショックからオイル漏れとの事でオーバーホールしました。分解してみるとガスは抜け切り、オイルは白濁しておりました。

幸い大きな損傷無く、無事にオーバーホールできました。

オイル漏れを起こすまで酷使されてしまったショックの場合、オーバーホールはおろか修理すら不可能になってしまっている物も見受けます。

最低でも1万キロに1回のオーバーホールをお勧めしますm(__)m

KX250のリアショック

2STのKX250のリアショックをオーバーホールします。2000年モデルの物ですが初のオーバーホールの模様・・・。

ガスは抜け切り、オイルは真っ黒、オイルが漏れ、負圧が発生していました。ひでぶー!!!

18年以上ノンメンテΣ(・ω・ノ)ノ!

スポーツ用のサス(公道用じゃないサス)はダンパーが命ですので1年位でバランスが崩れ始めます。それから+17年です(; ・`д・´)

やりがいあるぜ!これで完璧!

 

CBR250RR(MC22)純正リアショックのオーバーホール

CBR250RRのリアショックをオーバーホールしました。

オイルがダダ洩れだったのでロッドのダメージが心配されましたが大丈夫でした。

このタイプのショックはスプリングとシリンダーの間にカバーが付いているので分解してみないとロッドの状態が把握できません。

ショックボディには窒素ガス注入口を取り付けてダンパーを完成させます。

リークテストをしてからスプリングをセットして完成させます。

CB400SFV-3純正リアショックのオイル漏れ修理

CB400SFの純正ショックです。片側からオイル漏れとの事で修理します。

ガスは完全に抜け切りブラッダ(ガス袋)は変形し傷がありました。バンプラバーは漏れた油に侵され変形しひび割れしてます。

画像ですとわかり難いかもしれませんが、内圧不足で使用していた為か偏摩耗してます。こちらも交換します。

いつもの分解洗浄組立の模様です。

本来であれば左右共にオーバーホールした方がよいです。バランスがおかしくなってしまう事もありますし、逆側も同じく消耗している筈ですので。

GSX-R1100純正リアショックのオーバーホール

先日、メッキ屋さんに出したショックロッドが戻ってまいりました。

メッキ前

再生されてピカピカです。

実は歪みもある程度修正されて戻ってきます。

意外とショックロッドが歪んでいる事があります。

特にツインショックは要注意です。普通に使っていても徐々に歪んだりします。酷いと交換ですがある程度は修正できます。

ダンパー完成後にリークテストをして、スプリングを元の位置にセットします。