「メンテナンス」カテゴリーアーカイブ

WR250Fのフロントサスペンション

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォークにもボトムアウトバンパー

いつもご愛読ありがとうございます。10年前のWR250Fのフロントフォークです。分解してみると…フォーク内部のボトムバンパーが砕けてました(^^;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォーク展開

KYBのオープンカードリッジフォークの特徴的な部分ですね。フルボトム付近の制御の仕方がWPのPDSリアショック同様、オイルロックとボトムアウトバンパーで制御してるとゆー感じです。(あっ、省略されてるタイプもありますよ。)

なので構造を理解してないと…フォーク上部の組み立て方を間違えて組まれている物を多々見受けますね(^^;今回、フォークはこの部分以外は大丈夫でした。KYBは分解組立がやり易くて良いですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Fホイルベアリング

今回、ついでと言っては何ですがFホイルのベアリングがグズグズになっているのを発見しましたので打替えました。

ステアリング、フォークユニット、ホイルまわり・・・この部分全てをフロントサスペンションと呼びます。

どれか一つでも不具合を起こしていると正常に機能しなくなりますので各部点検は重要事項ですね~。

ハスクバーナ SMR450のリアサスペンション

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
分解
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
洗浄

前回からの続きです。旧ハスクバーナのSMR450のリアサスペンションですね。色々と資本元が変わるハスクバーナ…と言うか今のハスクブランドのマシンは全く違う物になってますね(^^;

我々日本人には中々理解し難いんですが、企業の在り方としてはこっちが実はグローバルなんじゃないかな?と思います。つまり…尻拭いはここまでだぜ!って感じがアリアリ(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ザックスShocks
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ダンパ完成

このザックスショックですが実は…純正のリビルドキットが入手困難な状況です。尻拭いはここまでだぜ!感がアリアリ(笑)

今後はメンテすら困難になってしまうかもしれません(^^;今回は在庫品があったのでOKだったんですが、今後は最悪シールヘッドの作り変え等が必要になってくるんじゃないかと。

日本だと、例えば8年間はメーカーがパーツ供給して面倒を見てくれるとか、〇〇社はパーツ供給やデータ提供をしてくれるとか普通でだし義務でしょう?ってユーザーの方々は思ってますよね?

そんな状況は世界的にも崩れつつあると感じちゃう今日この頃です。

 

ハスクバーナ SMR450のサスペンション(フロント編)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォークオイル漏れ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
F

ハスクバーナのSMR450モタードです。購入してから一度もメンテしてないとの事でこの数年間の垢を落とします!先ずフロントまわりからです。

いつも動作確認しながら分解していくのですが、左右でフロントフォークの動きが違う事に気付きました。最近流行りの非対称フォークだったっけ?このモデル・・・(・。・;

普通のオープンカードリッジタイプで間違いないのですが???

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ダンパー不良
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
各パーツ展開

おかしいので点検してみると片側の伸び側のニードルに鉄粉が挟まり動作不良を起こしていましたΣ(・ω・ノ)ノ!

うーん(”^ω^)・・・乗りずらかった原因はこれかもしれないでーす!

サスペンションも馴らし走行を終えたらオイル交換した方がいいですよ~。

リアサスペンション編へ続く・・・

WR250Fのエンジン(腰上編)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

WR250Fの腰上を点検するので分解しました。クロモリフレーム時代のやつですね。

非常にバランスの良いマシンだと思うのですが、なんせ10年経ってますから腰下も大いに気になるところです。

コンロッドにガタは無い様でしたがサイドベアリングやカウンターシャフトまわりが気になってしまいます。特にカウンターシャフトはオフ車の宿命ですが、土だらけになるわ、枝や草が絡みつくので定期的に交換しないとミッションがオシャカ・・・そういったマシンを何度も見ているのでどーしても気になってしまいます(;´・ω・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
燃焼室
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
5バルブ

ヘッド回りですが数年前にO/Hしてありましたのでカーボンを落としただけで大丈夫でした。バルブクリアランスがちょっと詰まり気味になってましたので調整して組めばまだまだ使えます。

意外と伸びるカムチェーンは交換します。シリンダもまだまだいける状態。頑丈だな~♪

腰下はオーナー様に相談してみて作業を進めていきたいと思います!

CRF150Rのエンストする原因を探せ!の巻

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
クラッチ取外し
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
クラッチ分解点検

オーナー様、曰く「すぐエンストするのよ~。クラッチの切れが悪いんじゃないかしら?」との事でクラッチをオーバーホール&点検のご依頼です。

しかしこれと言って大きな以上が見当たらない・・・一先ずはご依頼いただいた内容で、クラッチの消耗品の交換とバケットとボスの面取りを行って組上げました。確かにクラッチスプリングは縮んでるしプレートの歪みはあったのですが…。クラッチの切れに関してはオイルの質も重要になってきますし…ウーン(-.-)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
他に考えられる原因①
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
他に考えられる原因②
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
他に考えられる原因③

① 2007年モデルのCRF150Rでメンテ不足との事をオーナー様から伺っていましたので他の原因も探ってみました。FCR-MXについているホットスターターワイヤーは結構汚れやすかったり遊び調整不良でエンジン不調になり易い部分です。ちょっと気になる程度の動作不良を発見したので綺麗にして調整して組上げました。簡単な部分なだけに見逃しやすい部分ですよ、ココ。でも重要な部分です。

② そしてスパークプラグ。単純ですが馬鹿にしてはいけません。CRF150Rは最新の燃焼室形状で高圧縮型なのに粗末なプラグが装着されています。本来ならレーシングプラグかイリジウムがいいのでしょうがコストの問題でメーカー出荷時には普通のプラグが着いてるんですよね。プラグもチェックしてデロデロなので交換しました。

③ そしてバルブクリアランス。8年程度経ったマシンですから絶対的に点検しないと不味いです。規定値よりも詰まっていました。これでは性能が低下してしまいますので調整して組上げました。

始動テストしましたがエンジンは調子良くかかりますし吹けも良い感じです。コースに持ち込んで熱垂れしてどう変わるか?この辺りはオーナーさんへ委ねます(^^;

 

YZ125のフロントサスペンション

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ステアリング
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フロントサスペンション

前回の続きです。フロントフォークとステアリングステムを含めたフロントサスのメンテの模様です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
NEWデスク

作業内容としてはいつもの通りなんですが、今回は新たに工房のレイアウトを変えました(笑)。

いつも以上に気合が入りましたが使いにくい事に気付き元に戻したと言う事は内緒にシトイテください(^^;

YZ125のリアサスペンション

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リアサス分解
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
洗浄

YZ125のリアサスペンションのオーバーホール(メンテナンス)のお仕事をご依頼いただきましたm(__)m

リアショックユニットは勿論ですが、リンクやスイングアームのピボット部分を分解洗浄してリフレッシュします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
洗浄後
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
O/H前

洗浄が済んだら乾くのを待つ間にリアショックをオーバーホールしました。バンプラバーが一部砕けてます(^^;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうこうして、各パーツを完成させて車体へ組込んでリアサスペンションは完成です。

次回はフロントサスペンションの模様です。続く…

 

KTM 300XC エンジンのオーバーホール修理(腰下編)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回からの続きです。新品のクランクシャフトが入荷していよいよ組み立てていきます。予め負担が掛かり易いクランクケース内のベアリング類やシール類を交換しておきましたので比較的スムーズに組立てられたのですが・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

250EXCやフリーライド250も同じなんですが、鬼門のセルモーター周り…ピニオンギアは錆と泥でガバナーウエイトを留めているスプリングが破損し、セルモーター内部はブラシが粉々に(T_T)

ガバナースプリングは用意してあったので事なきを得ましたが、カーボンブラシが在庫なし!レースに間に合わなんぞー!セル無しで頑張ってもらうしかないか…。とオーナーさんへ連絡してみると「ブラシ2セット持ってるよ」との事で事なきを得ました(^^;

KTM 200EXCのサスペションメンテナンス(リアショック編)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回の続きです。いつからメンテナンスいなかったのかリバウンドアジャスターの動きが渋くなっていました。この部分ですが、水分が浸入してしまうんですね。浸入しない様にする為の社外品も出ているので交換をご希望の方はご指定下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

分解してみるとフロントフォークと同じくショート加工してありました。PDSショックの特徴ですがピストンバルブが二つあります。通常のショックと違い、リンクレス構造ですので位置依存が強いショックなんです。

ですのでリンク式に装着されているショックユニットと比べるとメンテナンスやチューニングの効果が出やすいと感じます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

WPのショックユニットも専用のポンプでエア抜きします。このエア抜き工程は最重要工程です。手作業のエア抜きですとエア抜き中にキャビテーションが起きてしまい、抜いた筈のエアが混入してしまったり品質が一定になりません。

KTM 200EXC サスペンションのメンテナンス(フロントフォーク編)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

KTMのエンデューロマシン、200EXCのサスペンションをメンテナンスします。先ずはフロントフォークからです。オーナー様からローダウン仕様にしてあると伺っていたので各部の寸法を確認しながら分解していきます。

特に不具合なく各部を綺麗にして消耗したシール類やピストンバンドを新品にして組上げました。これでダンパー機能を取り戻す事ができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続きましてリアショックです。

続く・・・